勉強する時間帯

夜型人間⇒朝型人間にシフトチェンジを!

ところで、アナタはいつ勉強していますか?

無職やフリーター、学生を除けば「夜」と答える人が多数だと思います。 おそらく社会人なら仕事から帰宅後、主婦なら子供を寝かしつけた後、ですよね。ところが、実はその時間帯に勉強することは、とても効率を下げてしまっているのです。

人間の身体にはリズムがあって、決まった時間に細胞が活動します。 人によって、「朝型人間」「夜型人間」とあるとは思いますが、脳科学の本によると、ホルモンの関係から、記憶力は朝から昼にかけての午前中が最も高くなるのです。したがって、効率よく勉強するには、午前中をどう活用するのかがカギを握るのです。

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は10時~15時にかけて行います。朝食時間や会場までの時間を考えると、多くの人は、7時か8時頃に起床しますよね。ということは、普段から真夜中まで勉強している夜型人間は、試験日だけは朝型に変更しなければならないのです。

これはちょうど“時差ぼけ”のようなもの。頭が働いていないときに、試験を受けるハメになってしまうのです。
以上のことをふまえ、私がおすすめする勉強プランは 「朝の5時~7時に勉強し、夜10時に就寝」

これなら生活のリズムもいいし、尚且つ、身体が疲れている夜に勉強する必要はありません。

そのうえ、朝に勉強をしているから、夜はゆっくりと自分の時間が過ごせるし、お酒も飲みに行けるのです。ほら、効率がいいでしょう。ぜひ、お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。