AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

AFP認定研修につきまして、補則で通信講座について書いておきたいと思います。理由は、わたくし自身通信講座で勉強して、ファイナンシャルプランナー(FP)に合格したためです。皆さんの参考になればよいのですが。

時間の自由は何ものにも代えがたい

わたくしは、現在は独立しておりますが、資格の勉強をしている当初は会社員でした。就業時間が長く、勉強に割ける時間は限られていました。

それでも、できるだけ時間を有効に使って資格を取りたいと考えていたので、通信は強い味方となってくれました。

時間は大切です。通学している暇はありません。ですから、お勤めをしながらの受検を目指される方には、通信講座の受講をおすすめいたします。

また、余談ではありますが、フォーサイトの受講の中で時間の使い方(勉強時間の確保)についてのアドバイスがありました。貴重な時間を割いて勉強に充てるわけですから、できるだけ効率的に進めてほしいと思います。

出席日数の縛り

AFP認定研修では、通学講座の場合、出席要件を満たさないと修了と認めてもらえません。

他の資格では、万一出席できなくても試験は受けられます。ですが、受講自体が受検資格であるファイナンシャルプランナー(FP)の試験では、まったく意味がなくなってしまいます。

その点、通信講座では、所定の問題の回答のみでOKです。自分の都合に合わせて行うことができます。はじめから欠席するつもりで通学を申し込む人はいないと思いますが、万一に備えて通信講座の受講のほうが安心ではありませんか?

フォーサイトのカリキュラムで安心&短期合格

AFP認定研修を行っている通信教育機関は、フォーサイトのほか何社かあります。わたくしはフォーサイトで合格しましたので、ここで少しご紹介します。 

基礎や過去問の勉強はなんとなく想像しておりましたが、“提案書”の作成は心配していました。聞きなれないことで情報が少なかったのです。ですが、提案書作成サポートガイドブックや提案書作成のためのテンプレートが付属していて、講義のCD(DVDも選択可)もセットされていたので、思っていたよりも簡単に作成を終えることができました。

わたくしの場合は、約3ヶ月のスピード合格でしたが、一日の勉強量は2~3時間でした。フォーサイトのテキストがわかりやすく、合格までのカリキュラムが効率的かつスムーズな流れになっているからだと思います。