ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強法の重大なコツをご紹介

《勉強法の極意:問題をひたすら解いて解いて解きまくること》

ファイナンシャルプランナー(FP)試験で大事なことは何ですか? その質問を、数え切れないくらい受けました。合格してから今日まで、本当に何回あったか。
それで肝心の、その答えですが、ファイナンシャルプランナー(FP)を受ける予定の人に役立つ答えをしてあげたほうがいいのは私もわかってます。でも、とてもひと言では答え切れません! 

しかし勉強法で、誤解しないでほしいことを思いついたので、今からここで回答しようと思います。ファイナンシャルプランナー(FP)試験の勉強法では、「とにかく、問題をひたすら解くこと」が大事だと思います。

ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強法で大事なことは、

・ファイナンシャルプランナー(FP)として働く上で、必須の知識を身につける

それはもちろん大切です。超重要でしょう。

しかし、

・ファイナンシャルプランナー(FP)試験の解答用紙を完成させるすべを身につける

これも大事なんです。

こういうこと書いてしまうと、「試験に合格する方法ばかりを狙っている」ように見えてマイナスかもしれません。しかし、きれいごとはいっていられないんです。 過去の試験問題を解くことは、その問題をつくった偉い人が要求している解答を返せるようになる上ではとっても大事です。
実は、テキストの内容を深く理解できたとしても、それだけではだめなんです。
「テキストの全ページを丸暗記した人」は、「問題演習をよくやった人」と比べて試験のときに有利ではありません。ファイナンシャルプランナー(FP)の知識の量や理解度だったら、もちろん勝てるでしょうけど。

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は毎年、似たような出題形式なんです。それに完全に適応しないと試験はパスできない、そう思ってください。